職業に貴賎なし。

最近コロナのせいで在宅生活が続いていて、ストレスがたまっているのか、ちょとしたことで炎上します。まぁそうでなくても炎上はするんだろうけど、「サザエさんゴールデンウィークの外出を煽っている!」という言説にはさすがに笑いました。

そんな中、新たな炎上のタネができたみたいで。

ナインティナインの岡村さんが、ラジオで不適切な発言をした件で、岡村さんは謝罪したそうです。あまりくどくど書くつもりはないのですが、この記事に詳しいです。

女性の貧困化を待ち望み性的搾取を待ちわびる下劣さ?

個人的には、あまり深入りをしない方がいいと判断していました。なんといっても当該放送を聴いていたわけではないし。炎上したのも、当該放送があった直後ではなくて、その発言がまとめサイトによって切り取られて、炎上したという経緯があるそうです。

私がこの問題を初めて知ったのは、日頃から生活困窮者を支援している活動をしている藤田孝典氏の以下の記事。

日頃から生活困窮者に接している藤田氏は、時々いいことを言うのですが、これに関しては全く私と意見が異なりました。まぁそういうフィルターがかかってしまったよねぇという感じで。

藤田氏は、「女性の貧困化を待ち望み性的搾取を待ちわびる下劣さ」として岡村氏を批判しています。しかし、上述のNHKの記事の経緯が正しいとすると、岡村氏は、ラジオリスナーからの

新型コロナウイルスの影響で風俗店にも行けない」

という投稿に対して、

「今おもしろくなかったとしても、コロナが終息したら絶対おもしろいことあるんです。短期間ですけれども、美人さんがお嬢やります。なぜかというと、短時間でお金を稼がないと苦しいですから」

と返したとのこと。これが藤田氏にかかるとああなってしまうわけです。この発言が適切かと言われると適切ではないかもしれないけれど、ここで「女性の貧困化を待ち望み性的搾取を待ちわびる下劣さ」とか言ってしまうのは、風俗店で働く人をかえって侮辱していると私は思いました。風俗店で働く人は、貧困のために性的搾取が強制される人ばかりだというのは、それこそ偏見です。

ここで思い出す伝説のあの人。

実際、お金のために、実入りの良い職業を選ぶ人というのはいないわけではありません。私が思い出すのは、乃木坂46橋本奈々未さん。

彼女は北海道・旭川から美術大学に進学するために上京するも、生活に困窮し、「ロケ弁ほしさ」のために乃木坂46のオーディションを受けます。そして乃木坂46の中心メンバーとして活躍しますが、「弟の大学費用も免除され、母親から『無理しないで好きなことをしてください』と言われたため」に乃木坂46を卒業し、芸能界を引退しました。

こういうケースが風俗業界にもあるか分かりませんが、風俗で働く人の中にも、将来の自分の夢とか、家族を助けたいとか、そういう目的のために、お金を貯めたいからこの仕事をしているという人もいると思います。逆に、本当に今回のコロナのせいで生活に困窮した人が、こういう発言を受けて、風俗で働くことに罪悪感を感じてしまい、自らその道を閉ざして、結果として生活苦のために自殺でもしたら、それこそ本末転倒だと思います。

それにこれは、岡村氏が投稿したリスナーにちょっとでも希望を持たせようと発言したという気持ちが感じられます。一概に「女性蔑視だ!」というのはどうかと思います。まぁ「風俗」という例を出したことが不適切と言えば不適切ですが、それはこの舞台が深夜ラジオということを差し引く必要があるかもしれません。

(というか、風俗産業って、最も最初の方に国とかから営業自粛要請を受ける業界じゃないですか?三密の極みだし。コロナが収まったからといって、すぐに再開できるとも限らないですよ。

まぁともかく、岡村さんは謝罪したわけだし、これ以上追求するべきではないと思います。メンタル面の不調で5か月間休業していた経験がありますし。許されるとしたら、「チコちゃんに叱られる」で文字通りチコちゃんに叱られるか、キョエちゃんに「岡村のバカ!」と一喝されるか、もしくは相方の矢部さんがMCをしている「アウト×デラックス」で相方に「アウト!」と言ってもらう。それぐらいだと思います。

炎上は思わぬ方向へ(でもある程度想定内)。

本当ならここで終わるはずだったのですが、やはり世の中には怖い人がいるものです。今回の事態に怒った人が、NHKに対して、「チコちゃんに叱られる」の司会を降板してほしいと、署名活動を始めました。

この方向に燃え広がるのが嫌で、私はあまり深入りしないようにしようと思っていたのですが、この話を聞いて、「それは違うだろう」ということで、筆を執りました。

日本社会の怖いところはここです。彼らの主張は、不適切な発言をした岡村氏を芸能界から追放することにあります。それとこれとは話が別です。

まさにこの人の言うとおりです。そしてこんなことがあったのは一度や二度ではありません。かつて、同じような批判があった時に、「嫌なら見るな」と言ったのは当の岡村さんです。

ただ、批判者にとっては「嫌なら見るな」で済む話ではなく、自分にとって不快なものは、社会にとって不適切なものであるという気持ちが強いから、こういう行動に出てしまうのでしょう。自分の周りが世の中の全てだと思っているのだと思います。

しかし、よく考えてみましょう。例えば「『チコちゃん』は子供も見る番組だから不適切!」とか言っている人は、「チコちゃん」を見ている子供に、「このおじさんはこんなことを言ってたんだよ。」ってわざわざ説明するんだろうか。それには「風俗とは何か」からまず説明しなければならない。それでこんな人たちのメンタルが持つんだろうか。それを知らない子供にとって、岡村氏はただのちっちゃいおじさんでしかない。と思います。

そもそも、こういう活動をしている人って、「女性の地位向上を!」とかいうくせに、アニメキャラに難癖をつけたり、失言した芸能人を血祭りにあげたり、それで本当に女性の地位が向上するのかという気がします。もっと建設的なことをしないと、女性の地位の向上は望めないと思います。

今回のコロナ禍によって、すべての年代の男女に収入が減少する可能性があります。まだ若い女性なら、いざという時に風俗という選択肢もあると思いますが、それ以外の人たち、例えば中年男性とか高齢者とかは、代わりになる選択肢はあるのでしょうか。今求められているのは、こんなことで言い争いをしていることではなくて、すべての人が、ポストコロナにおいても、自分の生きたい人生を生きられるような補償をする。これしかありません。